どーも、こんにちは。


漫画、鬼滅の刃を読んでます。
個人的メモとして感想を述べていきます。
現時点で24巻で完結と思われます。(現時点で22巻まで)
6巻ずつ、4回シリーズとなります。


読みたくなった理由としては、
現時点で映画版の大ヒットで気になったからでもありますが、
漫画を読むこと自体が、
自分のテーマとしてある、
創作、趣味、生涯学習、の一環だから。
題材を確認しておきたいから。
なお、
6巻まで読んでみた大雑把な感想として、
正直に言ってそれほど面白そうな作品とは思いませんでした。
むしろ、
よくこんな現実離れした、
ピンと来ない題材でヒットしたな…と。
「何か裏があるのだろうか?」、と。(考えすぎだろうか?)
そして、関心が沸くのは設定、題材など。
どうやって作るのか?何がモデル?なぜ?といった、
趣味的関心、創作的関心、真相探求的関心。

ともかく以下、
各巻の概要や感想を述べていきます。
なお、
個人的備忘録要素が多分にあります。
ご了承いただける方のみお読みください。


●1巻

・概要
 大正時代。

 人食い鬼現る。

 主人公(炭治郎)家族も被害。
 残されたのはは唯一妹だけ。
 
鬼と戦う秘密組織あり。

 主人公は殺鬼隊に志願する。

 「鱗滝」(うろこだき)なる人物に師事。

・感想
 作品の魅力は分からなかったが、読みやすい。
 主人公の剣技、呼吸法がウリだろうか?

 説明的セリフや、ダイジェスト感があるが、 
 意図があるのだろうか?

 鬼とは一体何なのか?

 

●2巻

・概要
  主人公、試験を突破して、鬼殺隊に入隊。

  刀、隊服、伝令のカラス、妹を背負う箱、などを獲得。

  鬼のボス、「鬼舞辻」(きぶつじ)を追う女性医者と出会う。

  主人公は、

  鬼と化してしまった妹のネズ子を人間に戻したい。

  鱗滝いわく一番最初の鬼が家族の仇であり、
  人間に戻す方法を知るとする。

  それが「鬼舞辻」。

 ・鬼:若い娘を好む。異能タイプもいる。血で変化

    覚醒?すると目が変わる。

 ・鬼舞辻:人に血を与えることで細胞レベルで変化させる

      唯一、鬼を増やせる

 ・たまよ:鬼。医者。体いじってる。輸血と称して血を買ってる。

      鬼を人に戻す治療法を確立したい。

      主人公に協力要請。
      1、妹の血、2、鬼舞辻の血の濃い鬼からの採血

 ・ゆしろう:たまよが200年かけて鬼にした

・感想

 謎があり、漫画として面白いのは確か。

 ただそこまで引き込まれるわけではない。

 関心あるのは、漫画もさることながら設定部分。

 鬼、人食い、人に紛れた鬼…など。

 モデルは吸血鬼などだろうか?
 なぜこのような怖い題材なのだろうか? 

 アクションはやや見えずらかった。



●3巻

・概要
 ・たまよ
:鬼舞辻の正体を知ってる?

      白日の魔香

 ・鬼舞辻:鬼の細胞破壊が可能

 ・十二鬼月:眼球に数字

 ・我妻ぜんいつ:普段は緊張。眠くなると強くなる 雷の呼吸  

 ・鬼:「稀血」を好む。50~100人分の栄養

・感想
 正直、
 
これといってグッとくる所は無い。

 鬼の描写、血管やら目やら、なかなかグロテスク。

 サクサク読める。



●4巻

・概要

  伊之助を加え、3人パーティとなる

 ・伊之助:隊員 好戦的 獣の呼吸

 ・鬼、那田蜘蛛山:鬼殺隊員を糸で操り同士打ちさせている 

・感想
 鬼が出てきて、戦って・・・という流れ。 

 正直、未だにこれと言って際立った面白さというのは分からない。

 今後の展開のフリみたいなもので、
 まだバックストーリーみたいなものなのだろうか?



●5巻

・概要
 ・主人公、死の淵で父に会う

 ・ヒノカミ?:持ってる刀は七支刀がモデル?ただし刃が八

 ・疲れない呼吸法、ヒノカミ神楽
  :主人公の一家に代々伝わる。
   主人公ひん死時になぜかその技を出せた。

 ・胡蝶しのぶ:鬼の首がキレない剣士。 
        鬼を殺せる毒を作った。 

・感想

 さーっと読む。

 主人公が闘いの中でひん死状態で思い出が走馬灯のように蘇る。

 バックストーリーとして、父や、代々伝わる呼吸法が出てきた。

 ヒノカミ、七支刀のような剣 などが気になった。



●6巻

・概要
  主人公、隊律違反 鬼をかばう等する。
  
鬼舞辻や十二鬼月らの、主人公・炭治郎への反撃準備。

 ・柱:鬼殺隊の階級最高位。9人

 ・お館様

 ・継子:柱が育てる隊士

 ・つゆりカナヲ:継子 女性

 ・主人公、全集中・常中、会得。

 ・十二鬼月:上弦、下弦

 ・鬼舞辻:血を分け与えた鬼の思考を読み取れる。

 ・ねずこ:鬼舞辻の呪いを外している

・感想

 主人公やサブキャラなど、キャラが分かりやすくハッキリしてきた印象

 柱(鬼滅隊上位階級)だろうと妹を傷つける者に歯向かう主人公。
 やや向こう見ず感あり。
 さらに主人公らしさが出てきたのは以下の点から。

 柱でさえ会ってないラスボスに会ってる点、

 鬼殺隊にありながら鬼(妹)と行動を共にする点、

 お館から、
 隊員に認められるためにも、十二鬼月を倒せと命じられる点。 
 など。

 異端、特別感はある。

 ストーリー、世界観の広がり、などがあり面白みが出てきた。

 ただ、
 惹かれる要素があるか?といわれれば、
 まだまだ足りないかな、と。



●まとめ
あまり肯定的に見えない感想となったかもしれませんが、
決して作品を否定しているわけではないです。
分析、興味の対象であることは間違いないので。
今後の展開で、何かしらピンと来る事を願いつつ、
次回へつづく…


では

鬼滅の刃の感想一覧
鬼滅の刃感想1~6巻:読んでみたがピンと来ない
鬼滅の刃感想7~12巻:だんだん感情移入
鬼滅の刃感想13~18巻:物語より設定に関心

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【AK情報】
・本名:小林秋生
詳細プロフィール
AKグラフィックス:グラフィック制作
・地域密着独自視点提供 (ブログ内記事)
YouTubeチャンネル
・連絡先:Facebook
 (今後アップデートしていきます)
―――――――――――――――――――――――――――――――――