どーも、こんにちは。
今回のテーマはシルバー民主主義について。
(概念はともかく、まずはザックリ述べます)

新潟市の教育、政治、行政には「シルバー民主主義」蔓延していて、
社会を衰退させているように思うので、
問題視すべきではないかという話。
(今回は新事実も盛り込みました)

例えば、
若い人は行政に対して意見を述べても、
「シルバー民主主義」に阻まれ、
ついには「何をやってもどうせダメ」とか、
諦めのマインドになってしまうから。
ネガティブなマインドは伝播しやすいので要注意。
そういう空気が広がると社会の衰退に向かうと思うから。


●どういうことか?
例えば、
若者を対象とした、
教育委員会が運営する行政サービス。
享受する側が若者で、
提供する側(管理職)が50代、60代だった場合。

仮に若者が行政側の過失により不利益を被った場合、
いくら訴えたところで分が悪いのはなぜか若者だったりします。
そして教育・行政側の管理職員の責任逃れや保身が図られます。

どうだろう?
まるでNGT48メンバー暴行事件を連想しないだろうか?
説明責任を果たさない運営側と、
運営に見放されていたメンバーの関係に似ていないだろうか?

ちがうのは、
NGT48メンバーのように同じ組織内の人間に対してではなく、
どちらかといえば顧客的立場の市民に対して、ということ。
顧客すら組織の論理に巻き込むとあっては、
NGT48暴行事件以上にたちが悪いといえないだろうか?
そしてそれが税金を使って行われているのは、
間違っているといえるはず。


●シルバー民主主義とは?
高齢者にを優遇して、
若年層に冷たい社会ということ。

コチラの本で出てきて心に響くものがありました。

もしかしたら誤用かもしれませんが、
上記の話とも近しい、つながってくるように思えるし、
実際に危機感を覚えることもあったので使わせてもらいました。



●どんなことがあったか?具体例を上げます。
例え話をしましたが、実際のところ実話です。
(これまでも散々述べている通りで、提言・陳情済み。)

そして自分が遭遇している、
現在進行形の新潟市内における、
シルバー民主主義と思える事例を上げます。

今月、
2月9日、ある施設にある意見箱にて提言しました。
場は「若者支援センターオール」。
かつてそこで発生した件についての説明要求をしました。
下記にある画像の通り。
10日たった現在も、一切の返事をもらえません。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
0219

実名、連絡先も付けて、備え付けのボックスに提出しました。
しかし10日経った今も、まったく連絡の一つもありません。
なお、
引きこもり相談支援センターは利用していないが、
若者支援センターを利用するうちにK氏
(画像では名前を伏せました。60代くらいの女性職員。)
とは面識ができていました。

実際に、若者支援センターであったこと。
現在の責任者は
係長KM(苗字)氏、
またはセンター長TY(姓名)氏のはず。

なお、
センター長は、
万代市民会館の館長と兼任。
なので、館内の責任者のはず。
若者支援センターは万代市民会館内にあるので。
(つまり市教委と自治体の役を兼任ということだが、
 これまた問題ではないかと思われる。
 事実、前任者は随分と横柄で若者支援というものを
 理解しているとは到底思えなかった。提言・陳情済み。)

(ここまでくると、
 トンズラした先代たちと同様に実りもなさそうなので、
 会いたくもないですが。
 かといって顔見知りの非常勤職員が出てくることも無いのでしょう。
 今後は分かりませんが、
 ともかく変だと思える事実は伝えていきます。)
―――――――――――――――――――――――――――――――――


このように自分の非を認めず、
説明などの責任すら果たさず、
市民に負担させ、
保身を図る構図は現在進行形。
高齢者にを優遇して、
若年層に冷たい社会の実態。
(とはいってもに筆者は現時点で利用年齢オーバー。
 利用時は対象年齢時。その時から説明要求はずっと継続していた。)
新潟市ではシルバー民主主義が横行している、
と言っても差し支えなかろうかと思います。

いまだに新潟市、新潟市教育委員会の対応に納得がいきません。
間違っていると言い切れるでしょう。
警鐘を鳴らす意味も含めて、
これからも反権力、
独自視点でリアルタイムに事実を伝えていこうと思います。
(どのような形かは今後やりながら考えます。)


●まとめ、主張
ということで言いたいのは、
「新潟市に蔓延、
 シルバー民主主義という病。
 若い人たちはヤバいかもよ!」
ということ。

自分ができることは、
少なくとも自分の身の回りではアンフェアな事はしない事。
シルバー民主主義による不公平に危機を覚えたら、事実を述べておくこと。
そして政治参加すること。
選挙の際は必ず投票する事。

最後に、若い人にお願いしたい事。
先に紹介した書籍より引用させてもらいます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
要するに目の前の生活に精一杯で、先のことを考える余裕がないために、
政治参加へのモチベーションが失われているという面もあると思います。
とはいえ、その構造に陥った時点ですでに敗北したも同然です。
時間やお金がかかることではないので、
せめて選挙権は行使してほしいと思います。

日本進化論  落合陽一氏
―――――――――――――――――――――――――――――――――

以上。




●関連情報
―――――――――――――――――――――――――――――――――
●今後、事実や記事をまとめる予定
【批判】新潟市若者支援センターオールについて。
新潟市告発ページ
―――――――――――――――――――――――――――――――――
●提言、陳情
苦情審査会制度(27-2-2) (議会と違って名称が伏せらたのはおかしい)
―――――――――――――――――――――――――――――――――


livedoor-icon01
では(^O^)/