どーもです。

実は、
私はTVは見てません。
しかしながら、
M1騒動、さすがに目につきました。
例えば以下のように。

(ライブドア)
(ライブドア)


●意見
ざっと感想。
お笑い界の大御所も、
かつては理不尽さに抗ってきたということ。

今回ポイントにしたいのは、
「これからやってこう」っていう、
将来を閉ざされるってことが、
どれだけ不利益になるか、
どれだけ社会的におかしなことか、
ということです。

実はそういうことは、
身近な地域にも同類の実態があるってこと。
それは新潟市。

散々述べている通りですが、
若者を支援するはずの機関なのに態度の悪い管理職の自己保身が優先されたり
議会を通じて陳情しても効果なかったりしています。
まさに、
「これからやってこう」っていう、
将来を閉ざされる理不尽。
それを市民が訴えても、
改善もされずに職員の保身が図られ、
あまつさえ退職金が支払われ、
税金だけが消費されていく実態は、
社会的におかしなこと。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
●詳細
―――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――
●提言、陳情
苦情審査会制度(27-2-2) (議会と違って名称が伏せらたのはおかしい)
―――――――――――――――――――――――――――――――――



M1騒動で不満を言ってた芸人たちは、まだテレビに出てて有名。
今の時代SNSもあり、
ちょっと宣伝すれば仕事を生み出していけるはず。
しかし、
これから社会参加を始めよう、というレベルのところで、
足止めされ、
ないがしろにされてしまう方が、
よほど社会問題ではないだろうか?

筆者も、
ハローワーク通いから、
地元サポステ通い、
求職者支援制度を利用しての3~4カ月の職業訓練、
就職活動、
合間には演劇シナリオや、イラスト、漫画の提供などの、
プロボノ活動(ほぼすべてがボランティア)を積極的に行っていました。
すべては社会参加、就職、自信回復…などを目的としていました。
そういう身からしたら、
管理職の悪態に、さすがに腹が立つのも無理はありませんでした。
支援を目的としていると自称していながら、
全く自覚無いので。
説明、謝罪、なんらかの補てんも無い上に、
なんなら開き直る始末。
バカにするもいい加減にしろ、と。

職業訓練中、就職を目標、ということを職員を信用して伝えていただけに、
裏切られた気持ちもありました。

自覚のない、
社会性もない、
公務員以前、
人としての問題ありな輩に税金を垂れ流しているのは、
社会的な迷惑とすら思います。

若者支援センターの職員も、
このM1騒動などから、
心当たりがあったり、
自らを省みることは無いのだろうか?
よくも自己正当化とか言えたものだと思います。

職員がこのような有様なら、
社会的な損失であり、
地域の衰退を招くのは必至かと思えてきます。

また、
若者支援センターが、
教育委員会が行ってるのも、
市民の声が反映されにくいとか、
そもそも民間での経験が無い人が支援するのはおかしいとか、
構造的な問題と言えるのではないだろうか?と思います。

なお、
M1の騒動は切り口として持ってきただけ。
念のために言いますが、
新潟市の公務員管理職と、
M1審査員の上沼さんを同列に並べる意図はありません。
言うまでもありませんが、くれぐれも誤解の無きよう。
M1の話もあくまで切り口。今回は深く触れません。



●まとめ、主張
人の将来を閉ざす、
可能性の芽を摘む、
そんな公務員は今すぐ辞職すべきでしょう。
憲法15条にもある通り、全体の奉仕者たるべき存在だから。
社会性があって、
自分で考えて行動すれば市民に失礼なことはしないはず。

まともな意見が通らずないがしろにされ、
何の価値も生み出さない人や場が、
無反省、無批判のまま維持されているのは、
社会の在り方として間違いでしょう。

もしかしたら最善策は、
テクノロジーによる公務員の自動化、
かもしれませんが。

なお、
常々地域の問題についても述べていますが、
「オレたちはこんな低レベルなことをしている場合じゃない!」
って気持ちもあります。
今、
世界にはもっと大きな、取り組むべき問題があると思うから…


では(^O^)/