どーも、こんにちは。
自分の場合、
プロジェクトごとに集合、解散を繰り返す、
というような仕事、というか遊びをしたいと思っています。
いずれは自分でも小さなプロジェクトを立ち上げてみたいと思ってます。
(例えば冊子を作るとか、マンガを作るとか)

そういったプロジェクト参加で大事なたった一つの事というのは、
「倫理観」ではないかと思います。
今回はそんな話。
 
これまで、
自分もいくつかのプロジェクトに携わるような事がありました。
当初の予定になく、
気が付けば大掛かりな人数が集まってしまったこともありましたが、
最後までやりました。
もちろん、他者の助けありきです。
自分ひとりでは人を集める力は発揮できてなかったから。
そして自分以外のコントロールは効かないので、
他人との調整といった難しさはありました。

それで
「倫理観」ですが、
そういったことがが問われるような面はほとんどなかったです。
自分がやってきた事のジャンルや集まって来た人の層からして、
あんまり「倫理観」とかが出てくる状況は無かったからです。
しかしながら、
今後自分が参加していくプロジェクトはジャンルも多岐にわたるはず。
「倫理観」はどんなところでも共通してるであろう点なので、
述べておきます。

理由として、
最近のニュースでは多くの人がプロジェクトに携わる場合、
「倫理観」の重要性に気付かされることが多くありました。
具体例は出しませんが、
映画など、多くの人材が関わる作品の場合、
携わった人の中に反社会的な行いなどがあると、
完成した作品が公開できないなどの大きなリスクになります。

勿論、
1人のミスによる作品のお蔵入りに対して、
賛否両論も見られました。
いずれにせよ、
最初からそういったリスクは避けておくのが無難、ということ。

当たり前のことではありますが、
「個」で活躍していく環境では、
携わる面々も入れ代わり立ち代わり。
ますます社会性は当然として、
「倫理観」も問われるのではないかと思った次第です。

そんな事を考えながら、新元号も決まったことだし、
何か新しい挑戦をしていこうかと思いました。
あなたはどうですか?


では(^O^)/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
【AK情報】
・本名:小林秋生
詳細プロフィール
グラフィック制作:AK GRAPHICS(工事中)

●趣味
・話し相手 :ニュースなど、雑談ができます
・読書   :本の貸し借りができます。
・ゲーム  :ゲームの貸し借りができます。
・映画   :映画鑑賞できます。
●生涯教育
・アート:芸術鑑賞、芸術学習などができます。
●社会貢献
・サポーター:あなたの夢実現のお手伝いをします
(今後アップデートしていきます)
―――――――――――――――――――――――――――――――――