0124-00a
0124-00b

どーも、こんにちは。

先日、
工業デザイナー、イラストレーターである、
シド・ミード氏が亡くなられたニュースがありました。
私は昨年、シド・ミード展へ行ってきました。
まだレポートを書いてなかったので、追悼も込めて述べておきます。


●シド・ミードとは
自分の印象で述べますが、
主に、「未来、メカ」を描いた、
他の追随を許さない、
卓越した美的センスに溢れた作品を数多く残した
メカ二ックデザイナーでありイラストレーターです。
「ブレードランナー」「ターンAガンダム」などなど・・・

また、
後のクリエイターに多大な影響を与えているようにも思います。
例えば、
個人的には、先日クリアしたゲーム、
「デス・ストランディング」の世界観も、
未来的なメカとか建物などが登場し、
「これはシド・ミードの世界だな」と連想させるものがありました。
(実際はわかりません…)


●シド・ミードとオレ
80年代のSF映画作品に出てくる
メカニックデザインなどで有名ですが、
映画を見たりして、あとあと知りました。
その後、
もっとその凄さを知りたくなって古本屋で画集を発見し、
あまりのウマさにぶったまげた記憶があります。
映画では「ブレードランナー」に登場する空飛ぶパトカー、「スピナー」。
アニメでは「∀ガンダム」などが有名。


●感想箇条書き

・メタリック感がたまらない。
 鏡面塗装のような、背景の映り込んだ金属表現が美しい。

・金属的な表現が控えめ。
 ちっちゃいハイライトが入れてあって繊細。
 メカに対するフェチズムがある。

・メカだけでなく、
 人々の生活に溶け込んでいて、未来感、リアリティが圧倒的。

・初代ガンダムをモチーフにしたイラストもあった

・展示を見る人を観察。
 まさに穴が開くほど展示を見つめながら、
 「スッゲ~」と漏らす若人がありました。
 全く同感。
 これほど卓越したイラストレーションを見れば、
 だれだってうならずにはおれんだろうと。

・撮影禁止場所の撮影をしてしまいました。
 作品とは別の話ですが、
 監視の方に注意されてしましました。
 画像も消去し、確認してもらいました。
 美術館ではルールを守りましょう。


●まとめ
シド・ミード作品、
あえて、3つくらい特徴をまとめると、
メカデザインには、
  大胆さと繊細さが混在している。
必ずと言っていいほど、流れるような線形を基調としている。
・一目でシド・ミード作品と分かる。

展示会の「未来のリハーサル」とは全くうまいキャッチコピー。
鮮烈に未来をイメージさせてくれる展示でした。

0124-01
0124-02
0124-03
0124-04
0124-05
0124-06
0124-07
0124-08
0124-09
0124-10
0124-11
0124-12
この控えめなハイライトの入れ方がたまらない!
0124-13

かなり初期作品とのこと。
大胆さと繊細さが混在している印象。
0124-14

0124-15
ヤマト!
0124-16

0124-17

ターンAとターンX!


では!

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【AK情報】
・本名:小林秋生
詳細プロフィール
AKグラフィックス:グラフィック制作
・地域密着ジャーナリズム的視点提供 (ブログ内記事)
YouTubeチャンネル
・連絡先:Facebook
 (今後アップデートしていきます)
―――――――――――――――――――――――――――――――――