0417c-sakura

新潟県米山知事に関する続報が続々。
――――――――――――――――――――――――――――――
米山知事が辞職検討 母親「辞めなきゃならんと…」

新潟 米山知事「違法行為の余地ある」 自身の女性問題について

出会いはネット、金銭トラブルも=女性問題、周辺に説明-新潟・米山知事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041701297&g=pol

――――――――――――――――――――――――――――――


さて、
新潟に住んでると、
まったく安心できないことがある。
昨日今日のことではない。

新潟市の公務員、とりわけ新潟市教育委員会の連中からされたことと言えば、
・・・
顔面殴打、
あからさまな差別、
おとがめなしの出世、
偏見による決めつけ、暴言、
市民の声無視、
立場を弁えない言動、
自分でした約束の破棄、
セクハラ、
過失を指摘してもシカト、
屁理屈自己正当化して取り合わない、
腕を引っ張る、
それが暴力に当たらないと主張される、
虚偽発言で自己正当化、
説明責任果たさずトンズラ退職金ゲット
非を認めない、謝罪、説明、埋め合わせ一切なし、
などなど。

先手で悪手を踏んできたのは、間違いなく公務員。
昨日今日の事でなく、
若者支援事業については、ここ5年間、
(今回は事実詳細は省くが)学校教育を含めれば約30年、
理不尽な対応による迷惑が続いている。
不利益を被っている。
いくつかは、2016~2017年米山さん県政下でもあったことだ。

勿論市民として、
既に知事への便り、コメント、
職員へ直接、間接の提言、
市議会への陳情、
苦情審査会制度で申告、
消費生活センター、
ライフサポートセンター、
パーソナルサポートセンター、
労働基準監督署、
法律相談、
その他相談所での相談、
などなど、
しかるべき手段で対処したし、
いくつかは場違いと思いつつも手は尽くした。
それらの中には、不快な言動をする職員や、自分でした約束を平然と破るような職員がいて、
裏切られたような気持になる事もあった。
そもそもの過失に加えて二重苦三重苦である。

勿論ちゃんと対応してくれた面や職員は省くが、
このように公務員(見なし含む)は市民に対して遺恨を残すことばかり。
特に新潟市教育委員会。
責任を問うと、
年功序列、退職金制度、縦割りを主張して責任転嫁、、
組織の論理を振りかざして
自分の非を認めず市民に負担を背負わせて逃げる。
公務員の悪評は、知人らの伝聞も少なからずある。
筆者のみならず、市民なら思い当たる節があるかもしれない。
現在進行形であり、
昨日も市を通じて教育委員会にちょっとキツめに事実確認と説明責任の要求をさせてもらった。

客観的事実はリスト化していて、
すでに担当職員には伝えている。
リストにある職員に事実なのかどうか聞けば、確認は済む話だ。
1件につき数秒で済むはずだ。
事実確認をしていないのは明らかな怠慢で、
管理者は管理責任を果たしていない。
当然、説明責任も果たしていない。
こうして市民が負担を強いらされ、
公務員連中はのうのうと税金を貰っているということになる。
例えば若者支援事業職員の中には、責任を果たさずにネット上で課外活動や販売行為を行ってる者もあり、
まさに私腹を肥やしている、としか映らなかった。(無論提言済み。)
トンズラ後に退職金ゲットの人もいるのだから、もはや収奪、としかいいようがない。

と、ここに来て知事の女性問題。
今はコレは詳細が不明なため今は深く掘り下げないが、
辞職の意向がある程なら、法的、倫理的によほどよろしくないことなのだろう。


最後、
まとめるのに手こずり、散漫になってしまたが、
今の気分、主張を述べる。

要するに、新潟に住んでると、
公務員に足引っ張られたり、
積み上げてきたモノを台無しにされたり、ストレスで住んでて安心できんのです。
・社会参加、就職を目標に制度を利用していたが、
 若者支援施設の態度の悪いのに関わったことで、目に見えないが積み上げたものを台無しにされた。
・ストレスで、生産的なことが手につかなくなることもあり、安心して暮らせない。
・行政サービスのインフラ自体が全く整っていない
・米山知事にはだいぶコメントしているのだが、
 県民の声を聞く姿勢が皆無ではないにしろ、見えなかった。
 県民のニーズ以外のことには答えているように見えた。

「社会参加しようと思ったら、新潟市に社会的に抹殺されかけた、新潟市○○!」
「○○教育委員会!」 
「新潟、大丈夫か、おかしいだろ!」

知事もそうだけど、
職員当事者、管理職員、担当課、教育長、
全員、事実確認、説明責任を果たしてくれ!

ゆくゆくは公務員はテクノロジーによって自動化されるのではないかとは思う。
それと、
正直、米山知事は新潟くんだりのトップでは満足してない、と見受ける。
いつも関心が県内より県外、国政、投稿の熱量にも差があったから。
それはさておき、
少しは見込みがある知事に、もう少し粘ってほしい。
哀しいかな、
上記のようにこのロクでもない新潟を、任せられる人物は今のところ他に見当たらない。



知事に言いたい。
逃げるな、泥すすってでも、信用取り戻していくべし。

今後明るみになるであろうアウトなところは支持できないだろうし、
修正していくほかなかろう。
知事のいいところはフェアな所、オープンである所。
そして上記にある職員らにはない、修正力だとおもう。
ミスをしたその後、どう対処していくか、そこが真価、人間力が問われる所だろう。 
アンタがその姿を見せ、ストーリーを語り、
職員の基準値を書き換えてくれ。
今がピンチをチャンスに変えられるその時かもね。

さあ、泣くのをやめてとっとと責任を果たしてくれよ、逃げんじゃねーぞ!
・・・と思います。


まぁ、今後出てくる事実によれば、
さすがに辞めざるを得ないのかもしれない。
様子見て、また思う所があれば述べよう。


とりあえず、以上。