どーもです。
今回は、ふと閃いた、
なんとなくやってみたい事について。


●まずは近況
わりと批判的な記事が続いてしまいました。
そういったことを考えるのは、割合としては生活全体の中で少ない方。
記事にしておいた方がよさそう、できそう、
となるとどうしてもそういう系統の話になってしまいがちです。
なぜなら、
自分でも手が届く範囲で働きかけられるとか、
少しでも意義があると思ったからです。

普段は、
(ビジネス系、国際情勢、政治、世界のしくみなど)について
本を買う、借りるなどして、
読書したり、考えを巡らせていることの方が多いです。
ただこっちはスケールが大きかったり、複雑。
アウトプットが難しいです。
まずは理解から入ろうと思い、沢山の知識を詰め込んでいます。

「まだまだ教養が足りなかったな…」
「こんな世界が広がっているのか!」
とか思います。
(かれこれ3年以上は経ってますが)

かつて創作に携わった身としては、
もっと教養を身に付けて、
社会的意義ある作品作りをした方がいいのではないだろうか?
とも思えてきます。
(お笑い等もストレス解消になるし、否定しているわけではないのですが…)

なお「教養」というものについてはコチラの本が参考になりました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
すでにある情報の集合を知識として知っていることを、
「教養」とも呼びます。

情報生産者になる 上野千鶴子
―――――――――――――――――――――――――――――――――




●妄想、やってみたいこと。
妄想するうちに、面白いかもな、と閃いたこと。
世界平和に関する事。

うっすら頭にあるのは、
「平和に導くプロセスが遊びながら理解できるゲーム」
「戦争を消すゲーム」
を作るなど。

なぜかといえば、多くの人がそのゲームで遊べば、
緊迫する国際情勢から平和に至るプロセスとかを誰もが体験し、
その臨場感を共有することができるから。
そうすれば、多人数で協力するイメージを共有できるし、
実際に世界平和へ導くことができるのではなかろうか?
と思うから。
かなりザックリですが…
(それこそ教養。先人、先達がすでにいるはずであろうけれども。)


●まとめ
自分は今でこそ争いを避けていますが、
かつて争い事が無かったわけではありません。
また、
歴史が示すように人類は戦争を繰り返しています。
その裏には経済的な論理もあるとされています。
もしかしたら、人間、
お金などの煩悩や、
闘争本能からは逃れられないのかもしれません。
しかし、
それでも人類は生きていくもの。
ならば、
煩悩はほどほどにして、
どうせなら、
各自がゴールや役割を持って、
楽しく、平和で、豊かに生きていた方が望ましいはず。
微力かもしれませんが、
そういう世界になるよう貢献したいきたいです。
ていうか、
それしかないような気がします。
(政治家になりたいわけではないです。)
以上。


では(^O^)/