新潟県の米山知事が辞職の意向とのこと。

このニュースに落胆した事、
なぜ筆者がこのニュースに関心があるか、を述べた後、
最後に、
自分の気持ちファーストだが、
主張、
というか率直な意見を述べたい。

手っ取り早く言うと、Twitterで言った通り。






まず、関心がある理由その1。

2013年新潟市の公務員の過失により不利益を被った。
(職員の過失の事実リストあり。職員、担当課にも伝えている。事実確認、説明責任を要求中。)
直接間接問わず職員の改善や、説明要求の提言、
市議会への陳情も行ってきた。

2016年首長交代に望みをかけて、
知事への便り、
Facebookへのコメントもしてきた。

しかし一向に事実確認と説明責任すら果たされず、
何の効果も無かった。

また
知事は県内よりも県外にばかり関心を向けていた。
そのことへの違和感も、筆者はコメントで知事へ指摘している。

なお、
より詳細に関しては、
Facebookページを立ち上げている。
そちらには2013年の若者支援センターオールの件のみならず、
教員の問題、警察の問題も加えている。
(→新潟市告発ページ(仮称))





関心がある理由その2。

知事のこれまでの発言を観察しているから。
2016年の首長交代によって、よりよくなる事を望んでいるから。
新潟市の職員の怠慢・過失により、
市民として問題やストレスをうけていて、
そのことを提言、陳情してきたが、効果が無かった。
首長交代によって、県民の意見を汲んでもらい、
解消をしてほしい、
社会が良くなって欲しい、
という気持ちがあるからです。
だから今回の辞職の意向の件も、重大事項で関心があります。

例えば、知事の発言は以下のようなものがありました。
(新潟日報より。後でより詳細を引用するかも。)
「義務教育日本一」
「県民の意見を聞く」
(言動に矛盾を感じている。)




なのでここに来て
知事に女性問題で辞職とされたら、
こちらとしては
もう政治家とか行政の長とか、公務員とか、
もうアテにならんかもな、
という気持ちが以前にもまして大きくなってしまったのであります。


ということで主張・・・というか現在の意見。
首長がいくら東大理科3類卒業の頭脳にかわっても、
県民のささやかなニーズも応えてくれなかった。
もう公務員は、
AI、ロボット、などなどの、
テクノロジーに代替されてしまったほうが、
世のため人のためなのではないかと思います。
ともかく不要なストレスが解消されて、安心して生活がしたいものです。
もちろん、しかるべき対応をした後で、であることは言うまでもありません。



また続報が入り次第、
言いたいことが溜まってきたら
事実に基づいて思う所を述べていきたいと思います。

以上。