どーも、AKです。
今回もややシリアス調な話。
市職員の対応に不満があったので、説明要求をした話です。

ふと、
某公共機関の職員の態度に不快感があったことを思い出し、
広聴相談課を通じてその態度の説明要求をしました。

職員はKという人です。
以前、
K職員に対して、
別のAという職員について尋ねたところ、
「Aという職員はいませんけど」
とあしらわれました。

Aと言う職員は、
以前その公共機関に出入りしていたり、
話したことがありました。
(AはAで不快だったのだが詳細は別ページに記載。)

K職員の言う事は、
事実かも知れない。
(ただし苦し紛れ。公共施設の現場職員ではないが、Aは担当課の人。
しかし、
実際には現場に何度も出入りしていたことがあり、
その様子をK職員が知らないはずがないのです。


●意見
K職員の態度は、
「Aは職員でないから関係ない」
という風に思え、
現に市民とかかわりがあった事実を無視して、
市民に向き合おうとしないと映りました。
それは不誠実に思えました。

それに、
そもそもはA職員の過失・怠慢が問題。
その間を取り持つK職員の怠慢により、
さらに不快感を覚え、
もっと負担を背負わされることになった、
ともいえます。
極めて無責任な態度ではないかと思います。

私には理解ができないので、
説明を要求しました。
果たしてどういう返事が来るのでしょうか?


●まとめ、主張
今回は小さな1件ではありますが、
こんなことが日常的にあれば、
塵も積もれば山となるで、
市民としてはとんでもなく負担を強いらされるだけだと思います。

今回言いたいのは、
「社会に不満があって良くしたいと思うなら声を上げよ」
と言う事。
新潟の人々はおとなしい気風ですが、
自己主張せずに、あまりにもおとなしすぎるのもどうかと思います。
波風を立てないように、
という、良かれと思っての事でしょうが、
そのおとなしさが、
横暴をゆるすことにつながっていたとしたらどうでしょう?
まぁ、それは筆者の意見なので誰にも強制はしません。
ただ、
同じような職員の過失・怠慢がくり返され
税金がドバドバ使われること、
職員に反省無くヘラヘラしてること、
灯された火を理不尽に消される様子(社会参加など)
を見ることには堪えがたいモノがあります。
少なくとも組織内の人たちには自浄作用を持ってほしいモノです。
以上。


それでは、ごきげんよう(^O^)/