どーも、こんにちは。

鬼滅の刃の感想、3回目です。
13巻~18巻。
各巻について概要、感想、気になる点など述べます。
個人的備忘録要素が多分につき、
ご了承いただけるかたのみお読みください。
最後にまとめます。



●13巻

・概要

 ・炭治郎
  ・日輪刀。
   禰豆子の力により爆血刀へと変貌する。

  ・遺伝の記憶が度々蘇る 

   鬼舞辻と因縁のある鬼滅隊士と重なる

 ・不死川(炭治郎の同期)のバックストーリー

  母が鬼となる。 兄が手にかける。
  不死川は兄を罵倒。
それを後悔。 

  鬼との死闘による死に際に、心残りを思い出す

  炭治郎に諭される。それが兄の姿を思わせる  

・気になる点

 ・第三の目が開いてる鬼もいた



●14巻

・概要

 ・鍛冶の鋼塚

 ・時透無一郎バックストーリー

  顔にあざが浮かぶ

 ・甘露寺密璃のバックストーリー

・感想

 必殺技「○○の呼吸、○の型、○○○○!」が独自の定番と見た。 

 承認欲求に対する、冷酷なツッコミが面白かった。

 甘露寺密璃について、 
 恋の呼吸とかシリアスな中でふざけた設定だが許容範囲。

 一方、筋肉の柔さ、関節可動域について等、

 実際の武術の話(私的に聞きかじったような話だが)
 に通じる面もあるような気がした。

 こういうキャラを登場させるのが味になるのか、
 と創作的関心は沸いた。


●15巻

・概要

 ・ねずこ太陽を克服する

 ・鬼舞辻 バックストーリー 
   2大欲求 :
青い彼岸花 不死身になれる

        太陽を克服できるもの 

 ・柱

  時透、甘露寺 あざが浮かぶ

 ・戦国時代 
  鬼舞辻を追い詰めた始まりの呼吸の剣士 
  あざがある

 ・柱稽古

・感想

 キャラごとのストーリーがクロスさせて進ませるのが秀逸

 キャラクターの変化:あざ。 
 分かりやすい見た目の変化であり、成長のサイン。

 シリアス調なのに最後コミカルになる所が良い

 いつの間にかクスクス笑ってしまった。



●16巻

・概要

 ・柱・悲鳴嶼による稽古

 ・悲鳴嶼 バックストーリー

 ・鬼殺隊の産屋敷、鬼舞辻と遭遇

 ・産屋敷バックストーリー

  一族 1000年の歴史 

  一族から鬼が出た 
  神職の一族から○○(失念)をもらい子供も死にづらくなった

  勘が鋭く、それゆえ財を成し、難を回避してきた

 ・鬼舞辻:見た目20代後半、
      瞳は紅梅色、
      瞳孔が縦長

      産屋敷と同じ血筋

      1000歳以上か

      欲求:不滅。
         太陽を克服。そのためのねずこ。

         (弱点は首ではない。日の光か。)

 ・お館の死

 ・蟲柱・胡蝶しのぶ VS 十二鬼月・童磨

  バックストーリー

・感想

  人の想いが永遠、不滅とでてきたが、
  作品の核心だろうか?

・気になる点:

 鬼の瞳孔が縦長

 鬼、あるいは妖怪。

 産屋敷一族、
 平安時代から続いているのだろうか?

 鬼舞辻の弱点が日の光、らしいので、

 やはり日の呼吸ができる炭治郎しか倒せないから、
 戦う運命なのだろうか?



●17巻

・概要

 ・十二鬼月・童磨 VS 蟲柱・胡蝶しのぶ

  しのぶは吸収されてしまう。

  継子のカナヲが見てる前で 

 ・善逸VS獪岳 

 ・獪岳バックストーリー

 ・善逸バックストーリー 

 ・炭治郎、富岡義勇VS猗窩座

  義勇、あざが浮かぶ

  炭治郎、相手の体が透き通って見えるようになる 

 ・炭治郎バックストーリー:父からの稽古

・感想

 炭治郎の成長を、猗窩座が認める。
 
徐々にパワーアップしていってる。

 キャラクターのバックストーリーがあり丹念に描かれている。

 


●18巻

・概要

 ・炭治郎VS猗窩座

 ・炭治郎髪の色も変わる 

 ・猗窩座バックストーリー 

   弱い奴が嫌い  狛治 

 ・栗花落カナヲ(つゆり かなを)VS童磨

  伊之助が助けに来る

 ・伊之助バックストーリー

  童磨との因縁、母親の仇

・感想

 戦いを意味づけるストーリー、

 悪役らしいイヤミなキャラの作り込みは秀逸。

 ただ、

 個人的にはもう少し設定面の話が見たかった。 


●まとめ
読んでから時間経過があり、うろ覚え。
以下思い出しながら。

設定に関して興味深いのは、
産屋敷、鬼舞辻が同じ血筋、
ということ等。
1000年の寿命、歴史などから、
平安時代(794年 – 1185年。wikiより)と思われる点。
漫画全編を通じて描かれる呼吸法なども、
このあたりから始まったのだろうか?と。
記憶に留める、とします。
その他には、
鬼舞辻を追い詰めた始まりの呼吸の剣士、
その剣士に主人公
炭治郎のようにあざがあること。

おそらく、
主人公である炭治郎と関連があり、
今後どうつながっていくのだろうか?と空想が広がります。
いわば主人公の出生の秘密につながりそうで、
物語の根幹部分のような予感。

ストーリーやキャラ造形の丹念さも良いのですが、
それよりも自分は世界設定の方に関心あり、となりました。
以上、
次回へとつづく…

では

鬼滅の刃の感想一覧
鬼滅の刃感想1~6巻:読んでみたがピンと来ない
鬼滅の刃感想7~12巻:だんだん感情移入
鬼滅の刃感想13~18巻:物語より設定に関心
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【AK情報】
・本名:小林秋生
詳細プロフィール
AKグラフィックス:グラフィック制作
・地域密着独自視点提供 (ブログ内記事)
YouTubeチャンネル
・連絡先:Facebook
 (今後アップデートしていきます)
―――――――――――――――――――――――――――――――――