0415muteki

無敵の思考を読んだ。
一般的な価値観をスルスルとすり抜けていくような考え方をするお人だな、
という印象だった。
この本からその思考法を得られると思った。

もし自分なら、
行き詰ったり、判断を下す場面で、
普段なら一般的な価値観で判断しているだろう。
しかし、著者なら、
もっとラクに成果の出る判断、
もっと意外性ある判断を下すのではないだろうか、と思えるから。

本の中から一つだけ挙げると、
『「やる目的」から先に決める』
という点。
要約すれば、もっと効率的にやろう、という話であった。
プログラムをやるときに本を買ってきて最初から最後まで読んでから始めるのは非効率だから、
プログラムの目的を先に決めよう、という話。

似たような非効率的な事は、実は筆者も陥りがち。
目的のための手段だったものが、目的と化してしまい、
本来の目的が達成できない、ということは結構やってしまう。
それなら目的を先に明確にして、必要なことだけやろうということ。

実際にあったことを述べる。
ゲームキャラの2次創作イラストを描こうと思ったら、
筋肉の理解が足りていない事に気が付いた。
だから美術解剖を学び始めた。
胴、腕、脚、と学び始めるうちに、
腕なら腕で、もっと細かく、
上腕、前腕、
脚なら脚で、
脚(もも)、下脚、
さらにそれぞれの骨、筋肉、
とゆっくり理解していく必要がある事に気が付き、
気が付けば3か月以上はかけてじっくり学んでいた。
挙句、そっちが楽しくなってきて、
2次創作イラストは1枚も描けていない…
という状況に陥ってゴール達成ができなかったのだ。
まぁ、
自分で納得するモノを作れないと楽しくないし、
アーティストの端くれとして一生モンの知識を学ぶ機会になったし、
いい加減にレベル上げたかったし、やってよかったとは思うけど。
(あ、これは例えがよくなかったか。まぁ言いたかったのであえて掲載。)

次のならバッチリ言えそうだから、
もう一度、本の中から挙げると、
「昔からあるもので何とかしよう」
「なるべくラクをしよう」
「最小限の労力で成果をあげよう」
という点。

なんでもロシア式の発想法らしいです。
そうそう、ロシアのロケットって、
ソユーズって古いのを使ってるんだったね。
アニメ、オネアミスの翼でもモデルになってたっけ…(話が脱線)
0415soyu



話を戻して一つ上げると、
「昔からあるもので何とかしよう」、という点。
これは実際に筆者もやっていこうと思った。
このブログです。
ネットという情報空間での
筆者AKの立ち位置的なものをを仕切りなおしているのだが、
わざわざ新しい知識を仕入れて準備してから発信するよりは、
過去ログを活かそうと思う。
だから、
1日1記事ペースになるか、
まだ不明だが、
過去の遺産を活かして、
書きなおしていこうかと思っている。
丁度、文章作成もしたかったし、
情報発信にもなるだろうし、
丁度いい機会と思ったからだ。

以上、
本の中から少しだけ挙げながら、
感想を述べてみた。
他にも自分には無いような、
こっちが思ってることをスルスルとすり抜けるような価値観があった気がする。
オビにも
「これで世の中が100倍ラクに変わる!」というコピーが躍ってますが、
もうちょっと面白い生き方したいとか、
ヒントを探しているとか、
気になる方は読んでみてはいかがだろうか。