どーも、AKです。

こちらの記事を読みました。
 (ライブドアニュース)
――――――――――――――――――――――――――――――
●引用
・「頭がいいのとテストでいい点を取るのって、別」
・[高学歴=テストで良い点を取る≠頭が良い]
・「ひょっとして先生が間違ってるんじゃね?」とか
 「偉い人の考えが間違っているかも」
  という可能性を考えないってことで、
  それが一連の事件にもつながったんじゃないかな
  と思ったりします。
――――――――――――――――――――――――――――――


●意見
同意です。

同じ状況、見かけます。
実際には、
市民として新潟市の教育行政職員対して。
接触していて思うのですが、
「一見まじめ、というだけの人は、要注意」
ということ。

例えば、1点挙げます。(つまり氷山の一角です。)
上役のグチを、市民として聞かされたことがあります。
全部合わせると3回。
そのうち2回言ってきた人は、
普段は丁寧だし、
たまに雑談めいた会話もしていました。
ただ、
気が緩んだのか、市民である私に上役のグチを言ってきました。

それは、
組織内の話なので、
上司に直接言うとか、
自浄作用を働かせるべきでしょう。
言ってみれば顧客に対して行う態度としては間違いでしょう。
そういうことをやってしまうと、
あとあとおかしなことになったりします。
・・・
まぁ、常々幣ブログで述べている通り、
実際なってしまいました。

グチを言ってきた職員の件もすでに、
先方、市や市教委を通じて、伝えています。
改善や説明の要求も市や議会に提言、陳情済み。

明らかに悪手を踏んできているのは公務員側。
そして、
未だに説明を要求しても問題なし、というような態度をしてきます。

言ってみれば市民に対して
遺恨を残すだけ残してトンズラしているということです。
こんな自治体には税金を払いですか?
私は払いたくありません。

行政職員は、
一見、市民のためにまじめに業務をこなしているようですが、
自己保身でやってるだけといえるでしょう。

だから、
新潟市の職員に関しては、
「一見まじめ、というだけの人は、要注意」と思います。


●まとめ、主張
記事から見えてくることは、
自分がいる組織に対して、
無批判な態度が、
後々とんでもないことにつながるのではないか?
ということ。
批評的な見方をしていかないと、
社会をよいものにしていく機会は訪れないと思います。

ということで市民から働きかけられる場として、
新潟市に関しては10月に市長選があります。
投票をしていきましょう。

私の場合、
基本、政治も行政もアテにはしませんが、
投票はしていきます。
テクノロジーによって自動化すれば、
おかしな公務員というのは古い時代の風物詩となるでしょうが…

なお、
すべての候補者に公約してほしい事は現時点で以下2点。
幣ブログ記事より。

思い当たり次第、
ブログで述べたり、
どこか直に働きかけられる所があれば意見していきたい所存です。
以上。


それでは、ごきげんよう(^O^)/