1014a

どーも、AKです。

新潟県民会館にて、
様々な感想を持ったので述べます。

miwaさんを軽く紹介すると、
若い女性シンガーソングライターの方です。


なお筆者はmiwaファンというにはおこがましく、
最近知った者です。
得意でない方はどうぞすっ飛ばしてください。



●感想
「もしかしたら、最後のライブか?、休業するのかな?」
というくらい素晴らしくエネルギッシュでした。
本人のルックスも女優とかアイドル級ではないかと思いました。

曲の順番や間のトークの構成
も盛り上がったり、ゆったりしたり、
よく練られていて感心しました。



●不満。(アンケート出し忘れました。)
・前の人が背が高かったり、タオルを振ったりすると、
 ステージ上の本人が見えなくなる事があった。

・グッズ販売の、
 ガチャガチャは種類ごとに別々にしてほしい。
 ギターのキーホルダーが目当てだったので、
 他のワッペンとかとは別にしてほしかったという意味です。
 (残念、とは言いました。) 

・miwaさんに限らないですが、
  疾走感があったり、
 感覚的にノッテいける曲とかがいいのですが、
 ラブソングみたいのは状況が限定されるので特に苦手です。
 こればっかりはただの好み。


●miwaさんを知るきっかけ。
有線か何かで聞こえてきた「歌声」に惹かれました。
ハスキー…というと違うかもしれませんが、
とにかく印象に残っていたので、
流行に疎い筆者も
「これは聞いてみたい」、
とか、
「どんな人が歌っているのか?バンドだろうか?」
と気になっていました。

ただ、
名前が分からないので放置という状態が数年ほど続きました。
TVも見ないので、情報が入ってきません。
今年に入り、
たまたまラジオを聴いてたら、
本人がベストアルバムの宣伝をしていたので、
そこでようやく知り、すぐにCDを借りて聞きました。
さらに、
ネットなどで通じてライブ情報を知ったので、
ラッキーだと思って、
そのままチケットを買いに行きました。

というわけで、
筆者はファンと言うとおこがましいレベル。

もちろん、
ライブ前に、
「ヒカリへ」「360°」
がいいなとか、
ある程度把握しましたが。



●意見
ライブを見たいと思った理由を分析すると以下の通り。
・歌声を聴きたい
・シンガーソングライターとして夢を実現している、
 という点に関心があったから。
・作り手の面。
 表現活動をすることについての関心があったから。
・どっかで自慢できるだろうから。

 
なお、作り手としての関心にこたえる記事はライブと別ですが発見しました。
こちらの記事によれば、
マツコデラックスさんにインタビューされていて、
歌詞は、
実体験を基にしたものではないことをあっさり答えているようです。
(WEZZY)

タイトルはさておき、
着想をアウトソーシングするという点は、
真実かどうかは別にしても、
目標を実現するスピードは段違いかと思いました。

例えば、
なんでも自分でやらないと気が済まない人の場合、
お金持ちの漫画を描こうと思ったら、
自分が本当にお金持ちにならなければならない、
と言う風に考えてしまい、
実現のスピードは遅くなるだろうから…
あとは極端な話、
ビジネスか、職人芸か、みたいなところでしょうか。


●まとめ
ということで、
なかなか思ってても言えないようなことを
音楽で聴くのは励みになるので、
miwaさんにはそういう曲を作り続けてほしいと思いました。




●曲紹介
ヒカリへ

なんというか、カッコいい曲。
ライブでも本人が言ってましたが、
この曲でmiwaさん知った人が多いようでした。




360°


前奏とか間の音楽もテンションあがります。
童心がいいなと思います。




1014b
撮影OKのサービス


それでは(^O^)/